teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 全日本女子バレー(189)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


東龍 vs 成徳

 投稿者:Roxy  投稿日:2019年 1月12日(土)12時43分22秒
  文句たれ さん、タイムアウトさん、こんにちは。
見どころ満載の面白い試合でしたね!
今夜もう一度、じっくり動画検証したいと思います。
それにしても、やはり3冠制覇ってのは
難しいものですね。。。(青学然り)
 
 

東龍、成徳にフルセットで勝利

 投稿者:タイムアウト  投稿日:2019年 1月12日(土)12時24分11秒
  準決勝第1試合、東龍が成徳に3-2フルセットで勝ちました。悲願の勝利。いい試合でした。
 

東龍ー成徳

 投稿者:文句たれ  投稿日:2019年 1月12日(土)12時21分59秒
  3ー2で東龍、サーブミスの差かな?成徳は、何故高いトスなのか?石川はいい選手なんだけど、Vリーグでは難しいでしょ。  

宮部選手

 投稿者:まあ、いいか?  投稿日:2019年 1月12日(土)07時08分40秒
  本当に全日本に選出して欲しいですね。東京オリンピック、その先も必要な人材です。中田久美は何を考えてるんでしょうね?狩野は潰すは、宮部にはチャンスを与えないやら?常識からズレてます。これじゃあ、コーチは逃げていく。やる事なす事、思いつきです。  

宮部愛梨 さん:続編

 投稿者:ナイト07  投稿日:2019年 1月12日(土)02時17分5秒
編集済
  https://www.youtube.com/watch?v=5eynwFzQLPs

直近の試合動画見つかりましたので共有します。
(昨年の10月)
全体的に荒っぽい試合運びですが、短大という事もあってレベルがやや低めかも?しれません。
技術面において”運動会”レベルにも見えてしまいますが、
宮部選手の独壇の場と化していたように見えてしまいました。
ここぞという場面で点数を確実に取れていました。

とにかくパス・トスがすこぶる酷く去年の動画と比べたら、(どんなに雑なボールでも)処理できるようになり成長の足跡が見られました。
スパイクのみならず、ブロック (1セット目相手にセットポイントを握られていた場面から見事なシャットなど)、デイグ、キャッチ・トス 全ての面でコートに立つ12名の中で抜きん出ていたように見えました。

ミネソタ大学は今ランキング1位ですので、さらなるレベルアップを挑戦してほしいものです。

如何でしょうか、、、KATSUSAN さん?!

https://www.youtube.com/watch?v=5eynwFzQLPs

 

(無題)

 投稿者:ゆめ  投稿日:2019年 1月11日(金)21時14分34秒
  コーチ退任についての見解諸々。


ラシッチ→正直、そんな話しどうでもいいわ。興味ないわよ。


ボシュコビッチ→えっ?監督じゃなかったの?



ミハイロビッチ→あの監督。あたしを控えに回してして無能よ無能。コーチは辞めて正解よ。



人相悪い監督→Oh!我が愛しのJAPAN。お悔やみもーす。



シュテイ→へー?あの監督してた人が辞めるの?


ロウヘイ→眉間に皺寄せ‥…。
 

アクバシュ退任

 投稿者:野球小僧  投稿日:2019年 1月11日(金)20時40分1秒
  自身のインスタグラムでコーチ退任を決断したと発表
後追いでバレー協会が正式発表するとのこと

プロ野球の助っ人がシーズン途中で帰国する理由では・・・

・他に良い条件がきたから
・日本の環境に慣れなかった
・母国の家族の事情
・もともと短期間で稼ぎに来ただけ
・活躍する場を与えられなかった
・社会的な問題を起こした
・日本よりレベルの高い所でやりたい
・自身の成績不振

真相は通訳の女性が知ってそうだが(守秘義務等のしばりで喋れないだろう)

バレー協会関係者はこのまま東京オリンピックまで
在任したいだろうから、アクバシュの意思で
残念ながらという話で終えたいのだろう

PS.アクバシュさん、まだ若い(32歳)これからの
   好きなバレーキャリアで幸福な人生を!

 

黒後インタビュー

 投稿者:Roxy  投稿日:2019年 1月11日(金)18時39分23秒
  こんばんは。

バレーボールマガジン誌(Web)に、記事が上がっていましたのでご興味のある方はご一読くださいませ。

黒後 愛 インタビュー
前編
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00010001-vbm-spo

後編
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00010000-vbm-spo

今後も楽しみな逸材ですね^ ^
 

中田久美

 投稿者:まあ、いいか?  投稿日:2019年 1月11日(金)14時41分9秒
  今までコーチに丸投げした分は誰がやるの?  

(無題)

 投稿者:saorin  投稿日:2019年 1月11日(金)14時02分44秒
  まあこれで今年と来年の代表がある意味楽しみになりましたわ
頑張ってる選手には申し訳ないが五輪では予選敗退したら面白いのにww
 

テニス八百長逮捕

 投稿者:あらま  投稿日:2019年 1月11日(金)09時24分42秒
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000112-asahi-int

テニス八百長で83人逮捕、スペイン警察 全米出場者も  1/10(木) 22:31配信 朝日新聞デジタル

欧州刑事警察機構(ユーロポール)は10日、テニス選手の八百長に絡み、スペイン警察当局が28人のプロ選手を含む83人を逮捕したと発表した。選手の1人は昨年の4大大会、全米オープンに出場していたという。選手名は明かされていない。

報道発表によると、八百長による違法賭博を首謀していたのはアルメニアの犯罪組織。スペインの警察当局は11カ所の家宅捜索で証拠書類のほか、16万7千ユーロ(約2090万円)の現金や高級車5台、ショットガンなどを押収。42の銀行口座を凍結した。八百長の対象になったのは、下部ツアーの「チャレンジャー」と「フューチャーズ」。

テニス界の八百長を調べる不正監視団体TIUによると、昨年、不自然な賭けパターンの報告は前年比23件増の264件あり、男子の下部ツアーが大半を占めた。日本の男子選手が2015年に不正を働きかけたとして、17年に永久資格停止処分を受けている。(ロンドン=稲垣康介)

朝日新聞社
 

今の時代

 投稿者:まあ、いいか?  投稿日:2019年 1月11日(金)06時41分28秒
  選手だけでなくスタッフもチームワークでしょう。バレーボール協会の動きが見ものだね。ワールドカップ男女とも日本開催は最後かもしれません。  

(無題)

 投稿者:ゆめ  投稿日:2019年 1月10日(木)22時30分6秒
  これでまた、中田が何にも語らないからまた色々な憶測が。やっぱり人間性に問題有りと読むのが妥当かと。


私も加藤がコーチとして中田の元をすぐ離れたのも不自然違和感覚えました。そして今回の件について。


ぬらりひょんと新鍋の忖度の件について。
セッター狩野舞子挫折の件について。
世界バレー。謎のスタメン謎の采配について、
に続いて今回コーチ退任の件について。


きっと裏でまた何かしらのトラブルや揉め事が有ったのではないか?今度は何やらかしたの?と疑いたくなる事がまた発生。やはり人間性に問題有りと読むのが妥当かと。不信感たっぷり。



中田が何も語らないのが悪いよね。
語る必要はないと擁護する輩が居るだろうけどさ
中田が就任したとき→中田自らが国家プロジェクトだからと宣言したのを忘れたとは言わせない。
国家プロジェクトなら国民が納得するように逐一事実事情を説明する必要アリだと思うな。
その発言が他国に知られたところで弱点露呈にはならないでしょ、内部事情なのだから人間関係問題ばかり。もう正直うんざり。



待っているのは絶望。真っ暗な暗闇。
東京オリンピック終わったあと→惨敗した中田がどう語るか見てみたい。何が国家プロジェクトなんだと!
 

全日本女子内部体制

 投稿者:ジョン  投稿日:2019年 1月10日(木)22時22分2秒
  これを期に内部体制を見直しコ-チは豊暉原さんとどういう体制にすればうまく回るのかな?誰かコ-チいますかね?  

EEZさん

 投稿者:saorin  投稿日:2019年 1月10日(木)20時54分14秒
  アクバシュは前に出過ぎってそりゃ中田がやる気ないからアクバシュがするしかないやん
何言ってんの?(笑)
中田は監督なのにタイムアウト中輪にも入らんでただつっ立ってるだけっていくらなんでも仕事しなさすぎ
それに負けた時の責任はとるっていうタイプか?(笑)
世界バレーの時負けた後の会見で「もっと考えて打ってほしい」と選手に責任押し付けてたけど?あのおばさん
 

今の子は

 投稿者:まあ、いいか?  投稿日:2019年 1月10日(木)20時13分22秒
  1つ1つ丁寧に教えないとダメです。監督が思ってる事を考えて忖度なんて、なかなか出来ません。精神論でメダルが取れる時代ではありません。理論や数字を用いて教えてもらい体力や技術を身につけて最後の最後はメンタルでしょう。根性バレーだけでは日本国内しか通用しません。  

アクバシュ退任ですか

 投稿者:EEZ  投稿日:2019年 1月10日(木)19時40分42秒
  監督にはその人にあったやり方と言うものがあります。
私は、中田全日本になってアクバシュコーチの存在に違和感を感じていたので、アクバシュがいなくなって、返って全日本にとって良かったのかなと思います。
久光で常勝軍団を作り上げた中田さんはTOであれこれ技術的なことを指示をすると言うより、精神的に支えるというタイプの監督でした。
選手自身に考えさせて、負けたときの責任は監督がとると言うようなタイプです。
だから、TOで中田さんはほんの一言二言しかしゃべりません。
それが中田さんのやり方ならそれでいいのです。
データ的な指示は他のコーチがいますから、アクバシュがいなくても何ら問題はありません。
アクバシュがいない方が、中田さんのやり方の線がはっきりと出ると思います。
大体、全日本の選手は、経験豊富な選手が多いわけですから、アクバシュのように幼稚園児に教えるようなTOでの指示などもともと不要なのです。
アクバシュは監督よりも前に出過ぎですし、船頭多くして船山に登ると言うようなことになっていたのではないですか?
これで、中田さんらしい精神的な支柱となる監督と言うスタイルに戻れると思っています。

 

多忙である選択で

 投稿者:まあ、いいか?  投稿日:2019年 1月10日(木)18時11分21秒
  日本女子ナショナルチームよりよりルーマニア倶楽部チームの方が大切て、ことでしょ。日本女子ナショナルチームの方が価値がないだけです。それは、お金、人間関係や自身のキュリアアップで損得勘定で選ばれなかったて事ですね。もう中田久美が、丸投げしないで、しっかり指導しろて事です。中田久美が、しっかり仕事して結果を出せば良いだけです。  

バレーボール協会

 投稿者:まあ、いいか?  投稿日:2019年 1月10日(木)18時02分46秒
  いい加減だったんじゃないのHPもチャレンジシステムでも、あいまいだし、 また、こんな事件を起こしても誰も責任は、取らないで選手やファンが困ったり心配して終わりでしょう。東京と決まった瞬間から計画立てて強化してれば後 2年切って、こんな醜態はなかったでしょうね。  

アクバシュ氏の件

 投稿者:ほっ  投稿日:2019年 1月10日(木)17時09分46秒
編集済
  アクバシュ氏は、自らの意思で日本代表コーチを『退く』わけですから、協会のボケ共に辞めさせられた=『解任』された訳ではないはずですよ。


実際遠方のルーマニアをホームとしながら長期のCEV主催チャンピオンズリーグで欧州の国々を行ったり来たり。勝ち進めばルーマニアリーグは4月下旬、チャンピオンズリーグは5月上旬まであるわけですし。
そこにほぼ同時期もしくは日程のかぶる段階から始動する、遠く離れた極東の日本で母国五輪のコーチ、しかも2つ前の五輪の栄光に縋って、直近のW杯でも五輪でもWGPでもグラチャンでもNLでも世界選手権でも表彰台争いにすら食い込めない代表のコーチとして、五輪金メダルのために全力を捧げ!のお達し......多忙を極めることは想像できます。
どなたかの仰るように、中田監督とうまくやっていけないからというのもあるかもしれませんが。


ただ本人もクラブのヘッドコーチとして指導するのも前シーズンが初めてのようでしたし、代表チームとの両立がこれほど大変だとは想定外だったのかもしれませんね。
就任時のインタビューを見るに、本人も五輪に携われることは大変興味ありで嬉しかったことのようですし、当初は五輪まで日本でキャリアを積んで行く予定だったのでしょう。
それがここにきて多忙を理由に退任ですから。やはり自分の予想を超えた何かが起こった=キャパシティオーバーが理由なのではないかと。
あるいはクラブでの業務を抱えながら、自分の力量では代表をそこまで持っていける自信がなくなった・もしくは自分には背負いきれない/分不相応だと察して自ら身を引いたと私は想像しました。
それも若いコーチにならありうることでしょう。(32歳ですし。関係ないかな?)

↓参考までに、アクバシュ氏の日本到着時の記事
http://www.trt.net.tr/japanese/supotu/2017/05/29/bareboru-ri-ben-nu-zi-bareshi-shang-chu-nowai-guo-ren-koti-hueruhatoakubasiyusanri-ben-deshi-dong-741157



さてこの後の問題はこの件を協会がどう扱うかですね。
一方的にアクバシュ氏に約束を反故にされた!として彼1人に全ての責任をなすりつけるつもりなのか...。
どーせ協会はアクバシュ氏本人と交渉をしている時にも、クラブとの兼任の意思・スケジュール・文化的調和性...そういったリスクマネジメントがきちんと行えていなかったんでしょうが。
せめてその怠惰っぷりが国民にバレてしまわないように正式発表の場では全力で責任転嫁すると想像しますが、そんなことしたらますます日本女子に外国人コーチを招聘することが難しくなるでしょうね。
『日本代表の協会に呼ばれると自分(コーチ本人)のキャリアのことをしっかり精査・吟味・リスクマネジメントしてくれないのではないか?』と世界中の指導者にお知らせしてしまうことになります。



アクバシュ氏は若く、経験もそれほど豊富ではなかったために自らの力量の把握・先見性が十分ではなかった。しかし協会はそれらのリスクを精査せずにサポート体制もろくに構築しようとすらせず適当な流れで空いてる人間を見つけたぞ程度の発想で就任を決めた。
↑これは私の想像に過ぎませんが、これが仮に当たってるとすれば間違いなくJVAの任命責任が問われるべき事案だと思います。
というかそろそろ批判のみならず断罪されるべきですよ。

辞めればいいという問題ではないとか言って逃げ道作るんでしょうが、辞めるに値することをしておいて一切責任を取らない体質がいつまでも切られないとたかを括っている・断罪されないから問題ないと決めつける連中、いい加減にしてもらいたい。
 

レンタル掲示板
/3048