teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 全日本女子バレー(191)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


東京五輪のメンバー予想(希望)

 投稿者:アンポンターン  投稿日:2019年 6月17日(月)16時01分48秒
  OH→古賀、黒後、石井優、長内、長岡
MB→芥川、奥村、荒木
S→佐藤美、関
L→井上、小幡
 
 

また宮下って

 投稿者:文句たれ  投稿日:2019年 6月17日(月)15時41分34秒
  選んでいる意図は?ここまで来たらイジメみたい。  

韓国ラウンド

 投稿者:中島  投稿日:2019年 6月17日(月)14時41分1秒
  宮下選ばれましたね。長内に代わり中川も。ワンポイントと言わず1セットまるまる試してほしいなあ。  

正セッター決めるだけで

 投稿者:まあ、いいか?  投稿日:2019年 6月17日(月)10時33分51秒
  三年も費やすの勿体無い。  

セッターとミドルは

 投稿者:katsun  投稿日:2019年 6月16日(日)21時37分10秒
  世界選手権の三次からの、セルビア、イタリア、アメリカの3試合、中国はなかったので今回の香港ラウンドでいいが関Sだったので、佐藤Sの殺せてないサーブレシーブの処理は見れてないから、是非、決勝まで行って上げたら比較ができる範囲に入ると思います。
アメリカは1億あるとかなり助かるので取りに来るでしょう。
香港ラウンド中国戦は、関Sで芥川、岩坂MBで、どちらも3セットで3点で、計6点。
ガチの、セルビア、イタリア、アメリカ相手でちゃんと切れてたのは、荒木MBのライトのブロードだけで、Bは通せたのが、まれでした。当然、A.Bと合って点とれればいいが、今はミドル使ったかに終始しているが、はたして点とれるかな?セルビア戦も、内容は2セット以外はかなり食い下がっていました。そこからどうするかはありますが。
VNLの決勝ラウンドは1億絡むので、本気モードになるでしょう。佐藤Sが上げることになるので、それではっきりするでしょう。持ち前の小気味のいい、初速が速くてちゃんと止まるトスを期待します。アメリカ、イタリア、中国に通用すれば良いのでは。セルビアのミドルが1番と思いますが。

ポーランド、韓国、ドミニカのどこかに負けたら、監督コーチの見極めに、変わることになるかも。ゆるゆるやれない状況になりました。チームの熟成からは程遠くなってきました。
 

セッター

 投稿者:バレー大好き  投稿日:2019年 6月16日(日)20時15分9秒
  モントルー、ネイションズと約2ヵ月とずっと佐藤がメインで練習してきていますが、もし、決勝ラウンド行くことになれば更に佐藤メインが延長される訳ですよね。
この先、別のセッターを合わせる必要や時間があるんだろうか?
もし佐藤がネイションズを上げきれば今年は佐藤メインで良いのでは?
田代や冨永より何となくアッタカーと合ってるように思うんですが。
素人は単純に思ってしまってますw
 

こんな記事ありました。

 投稿者:まあ、いいか?  投稿日:2019年 6月16日(日)19時53分12秒
  https://number.bunshun.jp/articles/-/839473
協会の人、参考にして学んで欲しい。
 

佐藤のトスワーク

 投稿者:まあ、いいか?  投稿日:2019年 6月16日(日)19時28分27秒
  富永、田代よりバックアタックを多用してる感じしてます。レフトへのオープントスも、平行トス気味の早いトスが多いです。MBに関しては、余り使いませんが、今のMBの実力では、使わないのか?使えないのか?判りません。今のMBの力では対戦相手が大型だとブロック1枚でも、止められます。0.8枚位にしないとシャットアウトになるから、使いたくても使えないのかも?知れません。田代だとAパスが入っても、オープン攻撃が多かった気もします。富永はメインセッターは、更に前の年でしたから、今は、どうかは語れません。佐藤が3人の中では一番、ボールをトスにするのは本職て感じですが、その他のプレーは3人の中では劣るような記憶ですが、試合ごとに良くなってるんでノビシロは3人の中では一番ありそうです。正セッターは佐藤りーどで田代、冨永の争いですが控えのセッターは年齢的にも今後の日本を支える為にも関で、決まりだと思います。宮下は、余程、躍進しないと今の中田監督の目には、止まらないのではないでしょうか?しかし中田監督はキャプテンを岩坂にしたり狩野舞子をセッターにしたりする、突拍子も無い事を思い付く監督ですから、東京オリンピックまでは、各選手の体調も考慮したりバレーボール協会の幹部の意向や久光製薬、更に他のVリーグチームの意向もあり、八方美人のところがあるので、常識では考えられない人選になるかも知れません。中田監督は実力本位で選手を選考しない事だけは明確です。外国人選手を帰化させる案は、夢だと思います。第一に協会が許さないでしょう。日系の、サトー監督でさへ、ろくに強化させる前に切ったんですから、宮部が海外に行っただけで貴重な素質でも使わない、スタッフに外国人が入れば今の男子バレーボールチームみたいに、丸投げとなります。田代や冨永が海外チームをセッターで、メリットが、余り無いのに行った時点で、今年は使わないみたいなのは、協会が、仕打してるようにも、見えます。世界バレーに出場した、セッターがVリーグに残らなかったを協会は、協会の努力をしない事を棚に上げて客の動員数が減った原因を田代、冨永も要素してるかも?しれません。  

セッター

 投稿者:バリー  投稿日:2019年 6月16日(日)17時18分47秒
  あくまでも個人的な意見で感想ですが、中田ジャパンが始まってからのセッターでは今年の佐藤選手が一番安定しているというか、攻撃のバリエーションと攻撃陣とのコンビネーションは合ってると感じています。もちろんMBをもっとラリーの段階で使ったりと工夫は必要かと思いますし、佐藤選手自身のディフェンス力やブロックにはまだまだ頑張ってもらいたい部分もありますが、セットアップという部分だけでは現状彼女なのかなと。ただ今年に入って見たのは関選手と宮下選手だけなので判断できる段階ではないのかもしれませんが。  

そんな怨念なんて

 投稿者:まあ、いいか?  投稿日:2019年 6月16日(日)15時22分38秒
  思ってる余裕は無いと思います。久光製薬ビイキだけだと思います。ゼッターランドは銅メダリストですが控えセッターです。オリンビックの一年前で国際練習試合のネーションリーグでA代表で戦い決勝リーグに行けるか?行けないか?争いのチームがオリンピックのメダルを狙ってるて絵に描いた餅みたいな事を言ってる監督ですよ。そんな余裕は無いし空威張りしてるようではメダルは厳しいです。金メダルを狙ってるチームの内、残念だったチームがメダルです。東京オリンピックでメダルを狙うと言って伝説に残るチームて、訳の判らない事を言ってるチームは、参加賞です。選手の中で本気で、メダルとか金メダルとか言ってる選手は居ますか?そこからして、伝説になんて残りません。金メダルを取ったモントリオール金メダルチームでさへ伝説には、なってません。前回の東京オリンピック東洋の魔女の伝説を、上まらなければ伝説に残りません。この低人気で、現実を把握出来ない監督の、あつかまわしさは、夢と現実のギャップが、有りすぎます。メンバーは決めきらない戦術、戦略は無いでは、話しになりません。  

もしかさん

 投稿者:minimalist  投稿日:2019年 6月16日(日)13時05分50秒
  お言葉ですが、いくら中田監督でも、何十年も前の怨恨をその教え子で晴らすようなことはしないと思います。そもそも怨恨があったかどうか自体定かではありませんが。
田中美咲は一応中田ジャパン結成時に呼ばれていますし、単に実力で落選しただけだと思います。また、昨シーズンの3連続ドリブルなどを見るに「メンタルが強い」とは到底思えません。技術自体は低くないと思いますが、、
 

中田監督とヨーコゼッターランドは

 投稿者:もしか  投稿日:2019年 6月16日(日)12時58分33秒
  ライバルだったんですか?
ゼッターランドがアメリカで銅メダル取ったとき、中田は負けて5位だったので
中田は負けて悔しかったですよね
ライバルの教え子の田中美咲を選らばない理由が、なんかいじけた劣等感からなら嫌ですね(臆測です)
田中美咲は、メンタル強い勝負強い、可愛い華があり人気がでそうで見たいですが、選ばないのかなあ
 

ファンが、

 投稿者:まあ、いいか?  投稿日:2019年 6月16日(日)12時55分47秒
  まだか、まだかと、ヤキモキして早く強化して早く強化してと思ってるのに、中田監督は、セッターは決まらない。新しい戦術も無い。キャプテンは岩坂、iPadは御飾りで作戦タイムは精神論しか言わない。ファンは、こんな監督じゃ心配ばかり、このままだと日本男子バレーボールチームみたいになります。男子はミーハーファン、女子はエロ目的カメラマンしか会場には行かなくる。  

(無題)

 投稿者:令和の虎  投稿日:2019年 6月16日(日)12時31分2秒
  男子バレー  東京五輪本番で全敗します。 断言します。  

開催国で出られるだけの男子バレー

 投稿者:daisuke  投稿日:2019年 6月16日(日)12時23分6秒
  1996年アトランタ、2000年シドニー、2004年アテネ、2012年ロンドン、2016年リオ。これらの五輪に全て大会前の予選であえなく敗退して不出場。その中間の2008年北京だけは何とか出場出来ましたが、予選リーグこれまたあえなく5戦全敗でビリで終了。これがこの25年間の日本男子バレーの現実。今回の東京五輪も開催国だから出られるだけで、もはやイランがあれだけ強くなってしまった以上、アジア予選等で勝ち上がるのは現実的に無理でしょう。
男子バレーファンは、今も昔も(これからも?)女性ミーハーファンばかり。黄色い歓声が上がるのはアイドル的な選手のみ。男性からは批判どころか見向きもされないのが男子バレーの、また違った「現実」では。

例のバレーボールマガジンの記事を読みましたが、こういう記事が出るだけ有難いじゃないの。内容的にも福澤なんて戦力になっているのか不確かな選手で、「よくぞ言ってくれました」と思いました。大体、あの年代の男子選手は、石島とか越川とか、自己主張ばかり強くて到底チームプレーのバレーに不向きなタイプばかり。それでいて、弱い。
記事に対して「僕達はチームで戦ってます」と反論する選手。これまでの散々たる男子バレーの戦績の中で反論されても・・東京でのVNLもブラジル戦、イラン戦、全く良いところ無かったのに。正直、中田さん以上に中垣内さんは監督に不向きに思えますが・・堺の監督時代も良い戦績では無かったですよね。

男子バレーは、批判でも取り上げて貰えるだけ有難い状況では。無視されるよりマシでしょう。せいぜい東京五輪本番で全敗しない様に、頑張って欲しいものです。
 

VNL

 投稿者:AAFES  投稿日:2019年 6月16日(日)12時22分54秒
  今週はいよいよ最終5週目。地元韓国、ドミニカ共和国にポーランド。3連勝なら中国へ行けそうですね。まだ、一度も選出されてない9名から誰が選ばれますか。それも楽しみです。  

これからの戦い

 投稿者:まもる  投稿日:2019年 6月16日(日)11時55分31秒
編集済
  7月中旬から8月中旬にかけて約1ヶ月、アジア選手権、及びワールドカップに向けて
国内合宿があります。
ここでおそらく田代、冨永、荒木、島村等も参加してチームを固めるはずです。
今年こそアジア選手権優勝、ワールドカップメダルを目指してがんばってもらいたい
この合宿に参加しないようなら、特別な事情がないがぎりたとえどんなベテランでも全日本のメンバーにいれて欲しくないです。
バレーボールはチーム球技ですし、練習にも参加せずに代表に選ばれたら、不満がでて
チームワーク、チームのまとまり(一体感)にも良い影響を与えません。

先の話になりましたが、来週はポーランド戦、ネーションズリーグ決勝進出目指して頑張れ!
 

某記事

 投稿者:通りすがりの母  投稿日:2019年 6月16日(日)11時39分4秒
  ほっさんがご指摘された田村記者の記事、
これまでのような現状をきちんと紹介せずに持ち上げたり、下げたりの記事に比べたらかなり手厳しい記事ですが、よくバレーを知っている上での内容とも思います。また福澤選手だけではなく中垣内監督も批判されていますよね?

これに西田選手などが反応しているようですが、若さなのか甘さなのか、あまり安易に反応しないほうがいいと個人的には思います。ならばまずは結果を出さないと…。低迷するバレー人気を復活させたいならば今はまずは結果では?せっかく力を付けてきているのですから。
 

(無題)

 投稿者:あさ  投稿日:2019年 6月16日(日)11時24分30秒
  ただのバレー好き様に、同意します。

何だか、胸の内を語ってくださって嬉しいです。
ありがとうございます。
 

田村記者の文

 投稿者:katsun  投稿日:2019年 6月16日(日)11時21分32秒
  男子代表選手もかなり反応してます。
書かれた選手に同情するのは、その選手にも良くないかと。バレー協会に媚びへつらうよりは、よっぽど為になるように読みました。記者にしては、かなり挑発的な文ですが。
 

レンタル掲示板
/3167