teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 全日本女子バレー(189)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


総合力

 投稿者:まあ、いいか?  投稿日:2018年12月 4日(火)07時08分32秒
  オールランダーの力は今はビーチバレーボールでは活かされてます。人気もあります。バレーボールが面白くするのは、やはりルール改正しないと、つまらないです。タンタンと互いにポイントしてサーブで崩して連続ポイントしたチームが勝ちみたいなルールは、つまらないと思いませんか?  
 

ノスタルジーだけでは強くなれないので

 投稿者:球技好き  投稿日:2018年12月 4日(火)05時24分17秒
編集済
  昔のルールでのバレーボールを知っている人においては理解できるし、そうすることで日本のような国が再び強くなるだろうなと思います
ただ 「つまらなくなった」 かについては個人的にはあまり思いません

個人的な記憶かつ経験で申し訳ありませんが、バレーはトスを上げあう遊びとしては簡単で入り口としては広いのですが、
ことバレーのゲームをするとなるとレシーブからトスアップ、スパイクと非常に技術的に困難でゲームを成立するまでに壁が大きすぎると体育の授業で思ったものです
この技術的な難しさとオールラウンド的要素が日本人向けであり日本人好みであった訳ですが、これがために競技として世界的には普及しなかった要因ではなかったかと思います
これを解消したのがリベロ制による専業性的なポジションを導入であって、
日本人からみると「下手」ではあるが体格や身長や運動能力高い選手がプロフェッショナルなバレーを志すことができたのではないかと思います

なのでもはやリベロ制をなくすことは難しいと思ったので前回の案でした
これに加えてサーブ権ありの8点制はたしかにありかもです。
これを7セットで行うという形にするのは試合時間的に1試合での興行として成り立つと思いますし、セット間での休憩やアトラクションも導入しやすくなるでしょう
卓球なども昔の1セット21点、5セットから1セット11点、7セットへ変更しました
加えてボールの直径をわずかに大きくしてラリーを増やすけれども試合時間の短縮とセットを増やすことで逆転の攻防の争いを楽しめるようになりました
結果、現在の人気向上につながっていると感じています

バレーは日本の政治下から再び欧米の政治下に戻っています、このタイミングで日本からの提案が通るかはかなり? ではありますが、単なる身長・体格だけのスポーツにしないためにもこういった案を検討、研究、提案してもらえないかと感じます
 

専業制のバレーボール

 投稿者:まあ、いいか?  投稿日:2018年12月 3日(月)22時27分8秒
  それは、嘗ての9人制バレーボールです。6人制バレーボールはサイドアウトによりポジションがローテーションして打っても拾っても総合的なオールラウンドの技術を持ってる選手じゃないとつとまらないバレーボールでしたがルール変更でオールラウンドでなくても分業制みたいなバレーボールになり、サイドアウト制でもないから大差をひっくり返す大逆転もなく打ち屋が決めれば点数が入る、つまらないバレーボールになりました。サーブ権が無ければ点数が入らないなら守備が良くなければ得点は入りません。またサーブレシーブが良くないと点数を取られます。リベロ制も、つまらなくしてますがラリーポイント制もつまらなくしてます。サイドアウトで時間がかかるなら、15点でなき8点にしてサイドアウト制にすれば、面白くなります。またブロックタッチを数えなくなったのは、下手くそでもコンビバレーが出来るようになったので器用な日本人に不利になりました。ルール改正で良しと思った事が日本人不利ばかりでなくゲームを、つまらなくしました。せめてサイドアウト制復活とサーブのネットインはサーブミスにしないとサーブで崩せば勝ち、打ち屋が勝れてれば勝ちのゲームになります。今は、わざわざ複雑なコンビバレーを使わなくても強いサーブと打ち屋、協力なブロッカーが居れば勝ちです。セッターは打ち屋に高いトスをあげる技術だけで点が入るゲームです。だから誰も魅力を感じない。  

(無題)

 投稿者:ゆめ  投稿日:2018年12月 3日(月)22時04分30秒
  別に特段、内瀬戸のファンではないです。特に思い入れもないです。が、現状控えに内瀬戸に頼らなければならない全日本であることは確かだと思います。


データ算出したようですが、勿論データも重要ではありますが肝心なのは強豪国との【メダル圏内セルビア、アメリカ、中国】試合においてのセット後半18点以降にしっかりとセッターにボールが返せるかだと思う。試合序盤なんて手探り。後半にどれだけ立て直して盛り返すかだと思う。特に日本は16点までは良い。だけど18点前後で毎回得点停滞して序盤大量リード守れずセット奪われるお決まりパターン。


逆に言えば、メダル圏内強豪国セルビア、中国、アメリカなんかは18点以降にサーブミス、スパイクミスなんてのはほとんど無い。セット終盤拮抗した場面で笑顔なんて一切無い。



日本に足りないのは勝利への執念。【テレビカメラを意識した女らしさ、奥ゆかしさ、これがある限り試合終盤拮抗した場面でもヘラヘラ笑いがあるよなー】言葉悪く言えば女を捨てた勝利への執念。そう言う意味では中田が言う凄まじい集中力が必要ってのは納得。



技術的な物は練習次第で如何様にでもなる。その選手の内に秘めたポテンシャルが有り、かつ優秀な監督に見初められたら。中田が優秀であるかは議論の余地が多々あるが。肝心なのは強いメンタル。折れない心。ぶれない心。心理カウンセラーを付けてメンタル強化とゆう違う方向から全日本育成もありだと思う。
 

あえて空気読みません

 投稿者:球技好き  投稿日:2018年12月 3日(月)20時12分43秒
  最大の要因はボールとリベロ制度でしょう
今は真球に近い成型ができることからサーブでのボールが著しく変化するようになりました
それこそ野球で言うところのナックルやフォークをバレーコートで受けることになるのですから、昔より技術的な難易度ははるかに上がっています
さらに反発力も向上しており、ミートすると相当な速さとなります

それと結果的にですがリベロの導入により守備と攻撃が分業・専門化したことも大きいでしょう
今はレフト2人だけがオールマイティな役割を求められそれ以外のポジションは完全に専門化しています
昔の言い方で言えばセンターやライトは攻撃とブロック専門になってしまい、
レフト2人とリベロで守備、セットアップはセッターとなっているのではないでしょうか

このリベロ制度はあの松平氏とアコスタ氏が提案したとも言われています
https://web.archive.org/web/20030802234204/http://www.fujitv.co.jp/jp/sports/worldcup/ura1.html
この2人の思惑としては背の低い日本人でも世界のトップで戦えるというのがあったようですが、
結果としてはその逆の効果となったと評価されるでしょう
攻撃専門の選手は総合的な技術より大型で背が高く筋力のある選手が求められ、
その穴は技術職のリベロで埋める
日本はいつまでもオールマイティの幻想に囚われていたのかもしれません

では身長や体格だけのスポーツからどう変革すべきか
個人的にはコートを前後、左右に1m広げること、もしくは5人制を提案します
体育館から何から大改造になるのでコート変更は話にならんと言われるかもですが、高さに対抗するには敏捷性となるはずです。
そのバランスを良くすることとしては、1人あたりの担当する面積を広くするのは当然の提案ではないかと考えます

バレーど素人の空気読まない案ですが、いかがでしょうか
 

中年の愚痴ですが

 投稿者:アルタガモワ  投稿日:2018年12月 3日(月)17時49分43秒
  モスクワ~ソウル五輪辺りまで日本のコンビバレーやレシーブの美しさ等に魅了されていた頃が懐かしいです。
何でここまでバレーが落ちぶれてしまったのでしょうか?勿論原因が一つだとは思いませんが・・・。
かと言って世界のバレーの技術が進んだと言う印象もありません、身長がばかデカくなった印象しか無いのです。
ハイマンが一人バカデカい時代の180後半の当時の高い選手達も動き(特にセンター、ライト)も機敏だったしレシーブ、繋ぎも特に日本人選手はきめ細かく綺麗だったと思うのですが今の日本の女子バレーの選手達の簡単なアンダーやオーバーパスでさへ「あれ?う~ん?」みたいな印象を受けます。そう思えば真鍋監督の手腕もさることながら当時の選手の技術は優れていたなと思います。
 

JTは

 投稿者:ううむ  投稿日:2018年12月 3日(月)16時18分24秒
  唯一のリーグ優勝もキム・ヨンギョンが打ちまくっての結果だった...  

JTは

 投稿者:ジョン  投稿日:2018年12月 3日(月)10時25分55秒
  ミハイロだけ打っています。やはり一人だけのチ-ムは、もし怪我して出れなくなったら、JTも人を育てないと  

KENさんに同感

 投稿者:元バレーボーラー  投稿日:2018年12月 3日(月)09時09分57秒
  Vリーグのオフィシャルサイト、見難い(醜い)の極み。これではバレーボール愛好者さえ離れてしまいますよ。本当、協会は何を考えているのか???  

渡邊久惠

 投稿者:ゴロー  投稿日:2018年12月 3日(月)07時56分58秒
  渡邊は体調が万全なら土日で150本くらいなんでもないが、手首の手術明けなんでもう少し負担を軽くしてあげたい。せめて年内のゲームは100本くらいにしてほしい。  

まだ大丈夫です。

 投稿者:キャンディーズ  投稿日:2018年12月 3日(月)07時49分30秒
  バレーボール 誰も相手しなくなっていますけど、 女子バレーバレー喫茶 掲示板にコメントを残す 優秀な人がいるから、大丈夫です。  コメントを残す人がいなくなったら本当の非常事態です。  

見直ししないと

 投稿者:まあ、いいか?  投稿日:2018年12月 3日(月)07時27分8秒
  バレーボール協会も専門誌も、誰も相手にされなくなる事の重大さを理解してるんでしょうかね?  

ホームゲームとは・・・と考える2試合

 投稿者:球技好き  投稿日:2018年12月 3日(月)06時12分24秒
  今週は、川崎とどろきアリーナでNECの川崎ホームゲームと駒沢室内競技場でのFC東京のホームゲームの2つを見ました
(本当は見たい試合が別にあったのですが、初動ミスで全てチケット売り切れだったので)
試合内容は選手の評価は私にはできないのでそこはしません
それより気になったことを
皆様ご存知の通り、今シーズンからVリーグの試合の主管(興行権)を各地域・県のバレー協会ではなく、チームに移譲することでチームが責任をもって試合を運営する、いわゆる「ホームゲーム」が設定されたと公式発表しています

しかし、正確な実態はどうも異なる模様です
FC東京のホームゲームを見たのですが、あまりにも昨シーズンと変わらない試合運営の進行やアメニティやイベントと言った物のなさに逆に驚いてしまいました。
そこで、チケットを見たところ納得してしまったのです
主管:東京都バレーボール協会/FC東京バレーボールチーム
つまりFC東京は東京都バレー協会の支援でしかなく、主管は東京都のバレー協会だったのです
では、NECの太田体育館やとどろきアリーナではどうなっていたかというと
主管:日本電気株式会社/神奈川県バレーボール協会(東京都バレーボール協会)
です。
ホームゲームにも2種類あって、
・本当にチームが試合運営の責任を持っているホームゲーム
・昨シーズンの延長でチームの責任は名ばかりのホームゲーム
の2つがあるということでしょう
もちろん、私はこの3例しか知りません。他の状況についてわかる方がいれば情報共有したいところですね

HPやV.TVも含め今シーズンのVリーグは色々と公表していることと実態があわないことが多い感じです
一言で言えば、協会・Vリーグ機構・チームそれぞれの本気の温度差がかなりでている。
そのうちこのホームゲーム運営に耐えられないチームは早晩に退場するのではないか
と思います

個人的にはFC東京がなぜここまでホームゲーム運営に消極的なのかが理解できないです
前にも書きましたが、実態は東京ガスのバレーボール部のままなのでしょうか
本当は岡山・堺とともにホームゲーム運営の先頭を走ってほしかったのですが
 

確かに打たせすぎ

 投稿者:Judaiの棋士  投稿日:2018年12月 2日(日)23時48分45秒
  渡邊久惠が81本打たせすぎと書かれてたんでネリマンも見てみたら

土日で
渡邊久惠 81+66
ネリマン 34+44

荒木もいないのに車体強い
日立はこんだけ打たせて2ポイントゲットだけは、つらたん
 

内瀬戸は

 投稿者:EEZ  投稿日:2018年12月 2日(日)23時13分50秒
編集済
  ディグがサイドとしては日本一なのは認めますが、レセプションは思ったより良くない
今日も序盤で入澤のサーブ(国際レベルでは標準と言える)で殆どAパスが返らなかった。
個人成績で見ても新鍋がVリーグ通算71%なのに対して、内瀬戸は65%で、石井優の63%と大して変わらない。
前衛で使えないのが分かった以上、レシーバー的要員として全日本に置いておく余裕は少なくとも東京ではない。
内瀬戸はもう中堅~ベテランなのだから、今の内から可能性のない選手は切っておいた方が良い。
ファンの方には申し訳ないがこれが、現実を直視すると言うこと。
山一の破綻は経営陣が現実を直視できなかったことに問題があると、さっきNHKスペシャルでやっていましたよ。

 

(無題)

 投稿者:通りすがり  投稿日:2018年12月 2日(日)23時06分50秒
  落ち目になったらこんなもんです。
一度バレーボールは地獄の目を見たら良いのではないですか。
世間から相手にされない事がいかに惨めかを知るべきです。
 

ここまでの集客数

 投稿者:MOMO  投稿日:2018年12月 2日(日)22時49分5秒
  twitterで集計している方がいました。男子はなかなか厳しい・・。
https://twitter.com/yorayora/status/1068863366532292608

今日のNECVS岡山戦。宮下がスパイクを打っていましたが河本監督は
彼女をどういう風にしたいのだろう・・
 

(無題)

 投稿者:ゆめ  投稿日:2018年12月 2日(日)22時37分14秒
  連投すみません。
たかが数試合見ただけで、使えない必要無いってのは如何なもんかな?って思うけど。



少なくとも2013年全日本デビューして足掛け6年長岡見てきたけど、どう見ても2005~2006にかけてのブラジルスーパーサブレナタのようなAパス限定のスパイカー。内瀬戸も真鍋に守備買われて全日本召集されて国際Aマッチで質の高いレシーブ何本も上げてきた経緯が有るわけよ。



その選手の評価ってのはたかが数試合、数ヶ月で判断するもんじゃない。少なくとも5年は見ないと本質的な部分、フィジカル、戦術、学ぶ能力、バレーセンス
、バレーの知性、コミュニケーション能力、伸び代、滞在能力なんてのは見えてこない。何を持って長岡をスーパーエース、内瀬戸不要とか言うのか根拠、裏付けとなるデータ聞かせて頂きたいわ!
 

(無題)

 投稿者:ゆめ  投稿日:2018年12月 2日(日)22時25分5秒
  内瀬戸の守備は現状の日本には必須です。内瀬戸控えに置いておく安心感が有るから色んな戦術を試す事が出来ます。


正直メダル圏内強豪国に対して、内瀬戸前衛は厳しいと言わざるを得ませんが。5~8位チーム相手なら内瀬戸を前衛で使ったとしてもセンターとの絡みでの内瀬戸の機動力は充分戦力として機能します。


現状の日本チームには長岡は不要です。現状の日本なら長岡より内瀬戸入れといた方が確実に守備は安定して色んな戦術を試す事が可能です。
 

愛子さまがバレーを楽しむことも

 投稿者:通りすがり  投稿日:2018年12月 2日(日)20時46分42秒
編集済
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00000001-asahi-soci

リーグファイナルにでも、ご招待されたらどうでしょう、無理でしょうか
(天皇杯皇后杯が良いのかもですが、間近にあり過ぎ?)
相撲やバスケットがお好きなのは記事になってたような
 

レンタル掲示板
/3030