teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 全日本女子バレー(190)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


minimalist様

 投稿者:八甲田山  投稿日:2019年 5月20日(月)22時19分37秒
  普段というのは福田氏が監督を務められた2014、2015年度の話の事でしょうか?
なぜわざわざそんな古いデータを比較の対象として持ち出してこられたのか、意図を聞かせて頂けますか?
 
 

久しぶりに見た者さん

 投稿者:minimalist  投稿日:2019年 5月20日(月)22時13分48秒
  すみません、ちょっとご投稿の趣旨がよく分かりません。証明方法が間接的すぎて、その投稿には否定も肯定もできません。また、私が申し上げた「リップポンさんの貼られたリンク」についても言及されていませんし。「間接事実の積み上げで自身の主張と矛盾がないから即ち主張が正しい」とは言えません。

残念ですが、もう少し整理してからご投稿なさって下さい。
 

八甲田山さん

 投稿者:minimalist  投稿日:2019年 5月20日(月)22時10分27秒
  本当に読解力がないですね。
良いですか?
八甲田山さんの示されたデータは「同大会における他国との比較」、私が申し上げたのは「普段の田代の配球率との比較」です。
もう少しよく考えて発言していただけますか。
 

(無題)

 投稿者:ハーフ  投稿日:2019年 5月20日(月)22時09分39秒
  今月号の月バレの中田インタビュー

宮下のことをメンタル強さ、キャリア、高さ、ディグは日本トップクラス
あとはスパイカー陣とのマッチング課題はあるが覚悟を持って代表に臨んでいる

セッターに求める要素はディグ力とメンタルの強さだとさ
 

空いた口がふさがらないねw

 投稿者:久しぶりに見た者  投稿日:2019年 5月20日(月)22時08分49秒
  これ、6月ですよ。ケガのことは安易には言えないんですよ。長岡の大ケガも、2017年の宮下もなかなか情報を出さなかった。それどころか、中田監督は事実でない情報を2017年も流して言いました。しかしリンクでは「ケガは治りかけでいい方向に向かっていると所属チームから聞いているので、そこも大事にしてあげたい」と言っており、それは辞退を申し出た岡山と宮下の意向と合致してますね。辞退の件は山陽新聞の有料版でファンが写真でアップしたのですぐは出せないが、あなたは否定できませんね。詰んでますよ(笑)。
少なくとも、ではなんで今年宮下を呼ぶの?という質問に十分な説明ができますか?できないですよね。ケガで辞退だからですよ。辻褄がはっきり会います。
 

(無題)

 投稿者:八甲田山  投稿日:2019年 5月20日(月)22時08分13秒
  >配球率が低くなれば決定率が上がるのは小学生でも分かる当たり前の話です。

つまり田代選手はMBへの配給率が低いというご認識でよろしいでしょうか?
国際試合ではMBへの配給は少なくないという過去の発言と矛盾しているように感じますが。
私への反論のために言葉の綾ですか?という言い回しはまるで喧嘩口調のようで好みませんが、
その言葉をそのまま返させていただきます。
 

久しぶりに見た者さん

 投稿者:minimalist  投稿日:2019年 5月20日(月)21時59分42秒
  ちなみに、中田監督が宮下の落選理由として挙げた「アタッカーに合わせられない」は「アタッカーとのマッチング」とほぼ同じ意味です。と言うか宮下にとってはより厳しい評価だと言えます。単なる相性ではなく「宮下の能力」を理由とするのですからね。
久しぶりに見た者さんが一体これ以上何のソースを求めているのかよく分からないのですが、リップポンさんの貼られたリンクを見る限り、「当時宮下はトス技術が拙いことを理由に落選した」というのが事実です。それを理解できないのであれば、それは貴殿の読解力の問題だと思います。
 

久しぶりに見た者さん

 投稿者:minimalist  投稿日:2019年 5月20日(月)21時54分21秒
  リップポンさんが貼られたリンクを読まれましたか?明らかに中田監督は「宮下を選ばなかった」と仰っています。これが落選でないなら何と表現しますか?
なぜかご自身の主張に自信がおありのようですが、、久しぶりに見た者さん、大丈夫ですか?とても心配です。
 

minimalistさん、ちゃんと答えて下さい

 投稿者:久しぶりに見た者  投稿日:2019年 5月20日(月)21時50分21秒
  相変わらず無意味に好戦的ですね(笑)。申し上げている通り、報道されている事実を否定しうるソースをお示しください。さらに中田監督が落選理由として「スパイカーとのマッチング」を挙げているソースも併せてお示しください。
こちらのソースは示して欲しいですか?2017年は複数のあらゆるメディアが取り上げていますから必要ないでしょうな(笑)。
2018年は、山陽新聞です。地元なので宮下には好意的でしょうが、報道機関を嘘はつくわけはありません。少なくともあなたの戯言よりははるかに信用できますね。それを否定するなら申し上げている通り、十分な証拠としてのソースをお示しください。
 

八甲田山さん

 投稿者:藤田推し  投稿日:2019年 5月20日(月)21時50分7秒
  おっしゃっている内容の意味はわかりますが、こう考えるとどうでしょうか。
日本はミドルを多用していないからマークが薄い、もしくはいい状態でしかミドルを使っていないから荒木、奥村の決定率がそこそこの数字になっている。

やはり他国のミドルと比較したときに日本のミドルは確実に得点力不足は否めません。

それは大友、今より若くフィジカルが良かったときの荒木、井上と、それなりのメンバーが居たロンドンの時も、結局大事な局面は木村江畑等のサイド勝負になっていた印象があります。

数字は確かに大事な要素ですが、数字だけでは結論を導くことはできないと思います。
 

八甲田山さん

 投稿者:minimalist  投稿日:2019年 5月20日(月)21時48分30秒
  いろいろとお調べになられたのにその労力を無為にするようで申し訳ありませんが、比較対象が不適切です。
日本のMBが他国と比較して力不足なのはロンドン以降共通認識で、ですからMB1やハイブリッド6等の戦術が生まれました。日本よりMBの攻撃力が高い他国の配球と比較するのは無意味です。また、配球率が低くなれば決定率が上がるのは小学生でも分かる当たり前の話です。
逆に八甲田山さんに質問ですが、あなたが挙げた数字を根拠に日本のMBが他国MBよりも決定力があると本気で考えておられますか?それとも、単に私に反論したいがために仰った言葉の綾ですかね?
 

(無題)

 投稿者:八甲田山  投稿日:2019年 5月20日(月)21時33分31秒
編集済
  田代選手が正セッターを務めた世界バレー2018における
上位6か国の1セットあたりのMBの打数は以下の通りです。

セルビア 7.1、イタリア 6.0、中国 7.5、
オランダ 5.8、アメリカ 7.2、日本 5.0

日本は他の上位国と比べると1~2.5本も少ないです。
上位ラウンドに進み強豪国と当たるようになるとMBの打数は段々と減っていき、
奧村選手の打数がたったの3、得点0となる試合もありました。
そんな愚かな配給指示をベンチがするものでしょうか?

MBの決定力不足のせいにする意見もありますが、
スパイク効果率は荒木選手41.6%、奥村選手42.5%と決して悪い数字ではありませんでした。
ちなみに上位6か国のスタメンMB12人の中で効果率をランキングすると奧村6位、荒木7位です。

まろんちゃんさんが田代選手の問題点を指摘し、
実際の数字に基づいていない反論(MBの力不足、国際大会では田代選手はサイド偏重ではない等)
に対してセッターの基礎論を唱えたくなる気持ちはよく分かりますし
決してドヤ顔で言っているようには見えませんでした。


※今回の投稿で用いた数値の情報元は下記公式サイトです。
http://japan2018.fivb.com/en/competition/statistics
http://www.tbs.co.jp/sebare/schedule/round1.html
 

宮下が使われない理由

 投稿者:多分  投稿日:2019年 5月20日(月)21時26分5秒
編集済
  モントルー、ネーションズと帯同していながら、宮下が全く使われない理由は、リップポンさんがリンクされた中田監督のコメントから

宮下をコートに入れても、「アタッカーを活かせられない、チームのメンタルも安定しない」と監督は思われてるんでしょうか

じゃあ、遠征費用も馬鹿にならないのに、なぜ帯同させたのですか
その前に、ユニフォーム代など費用も掛かるのに、なぜ毎年全日本に入れるんですかってことになりますが、、

中田監督のコメントから

「宮下については、個の能力については抜群だと思いますが、アウトサイド(アタッカー)が変わっていくなかで、その選手たちを『活かす』ということを考えると、ちょっと難しい。絶対的エース、2メートル級のエースがいれば話は別ですが、日本はそんなチームではないですから。ケガをしたヒザの調子も踏まえたうえで、チームのメンタル的な安定も期待して、今回は同じくリオオリンピックを経験した田代を選びました」
 

他もありますが。

 投稿者:リップポン  投稿日:2019年 5月20日(月)21時14分18秒
編集済
  http://vbm.link/19856/

言葉を選び慎重に発言してるのがうかがえます。
バレーボールは全日本が頂点ではあるかもしれませんが
全日本だけがバレーボールでもありません。

当時も今回も
トスの精度が悪く下手くそだから代表には選びませんでした。
とは言えないし、望みやチャンスは表面上平等に与えてるのでは。
 

久しぶりの投稿

 投稿者:藤田推し  投稿日:2019年 5月20日(月)21時12分12秒
  今年のモントルーを観ようとYouTubeを漁っていたら、2013年モントルーが出てきたので観ていましたが、やはり藤田夏未選手はトスのテンポや配球、質などがすごく良かったです。
今の全日本で上げてるところを観たかったなー。

今年のモントルーを観た印象ですが、関選手は配球がいいですね。
まだ全日本に入って間もないですが、割とスパイカーとあっているように思います。ラリー中のトスの不安定さが少し気になりますが、伸び代は大きいのではないかと期待しています。

佐藤選手に関しては去年までとあまり変わりなく、パス力が低いように思います。ディグもあまり良くないし、あまり強みがないように感じます。

宮下選手は、まだ今季全日本では上げていないですが、オールスターを見る限りトスに関しての成長はしてないように思います。
ただお遊びのようなバレーで、複雑なコンビや緊迫したラリーが続いてるような状況ではないのにも関わらず、
サイドに普通にあげるトスでもスパイカーに合わせる技術すらないように見えました。
中田監督が求めているブロックやディグが他のセッターより評価されている分、トスの技術が低すぎるのが残念極まりないですね。

田代選手と富永選手に関しては、今季全日本はもちろん、リーグでも観れていないので、海外でプレーした成果があるのか、観るのが楽しみです。
 

監督以前のコメント

 投稿者:リップポン  投稿日:2019年 5月20日(月)20時57分37秒
  https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/volleyball/2018/06/05/post_2/index_4.php  

※追記あり 久しぶりに見た者さん

 投稿者:minimalist  投稿日:2019年 5月20日(月)20時56分41秒
編集済
  素っ頓狂なご投稿に開いた口も塞がりません。
これまでに代表を去った選手、残らなかった選手について、リアルタイムでメディアから真実が語られた事はありますか?あの新鍋ですら、当時は「体調不良(故障?)」です。後から週刊誌にすっぱ抜かれましたが、、
また、昨年の宮下が「落選ではなく故障だ」等と、そんな建前を心の底から信じられてしまう宮下ファンには呆れてものが言えません。
なお、中田監督は宮下が代表を去った後(つまり、中田ジャパンになってから合宿には呼ばれたものの『故障』で全日本を辞退した際)にインタビューで宮下の評価を聞かれ、「ディグ、サーブ等は良いがアタッカーとのマッチングに関して難しい」とはっきり答えています。当時の宮下がどれだけ大きな怪我をしていたにせよ、これは明確に「落選」だと思います。
ファンというのは呑気で良いですね。
ちなみに、「故障」していたはずの宮下は同時期に開催された黒鷲に出場していましたね。

※追記
リップポンさんご投稿の記事を見る限り、宮下は「辞退」ではなく「落選」ですね。
捏造等と言われて非常に不愉快です。
 

落選

 投稿者:南風  投稿日:2019年 5月20日(月)20時54分8秒
  仮に怪我をしていたのが事実だとしても、全日本登録されたにも関わらずグラチャンや世界選手権メンバーに入らなかったので落選という表現は間違えではありませんね。  

minimalistさん、情報の加工、捏造は止めましょう

 投稿者:久しぶりに見た者  投稿日:2019年 5月20日(月)20時40分5秒
  別に宮下がトスの基本的技術がないなどのお話をされるのは、あなた個人の感想に過ぎませんからご勝手ですが、情報の加工、捏造はよくない。
宮下がいつ落選したのですか?2017年はケガ、2018年はケガの完治のため代表を辞退と複数のメディアが報じています。あなたが「落選した」というのであれば、これらのメディア報道を否定でき、落選したという事実を証明し得るソースを示してください。
また中田監督は宮下の課題を「スパイカーとのマッチング」と言っていますが、それを「落選理由に」すり替えています。
匿名のネット上の発言とはいえ、注意された方がいいですよ。
 

バレーはボクシング?

 投稿者:野球小僧  投稿日:2019年 5月20日(月)20時34分26秒
編集済
  バレーは被ブロックで攻撃(加点)のつもりが一転、失点に変わる過酷な競技ですよね。
 被ブロックはカウンターパンチ、ダメージをもらわないように速くパンチを当てないと。
 女子バレー、一見華やかですが、ネット越しのボクシングですね、しかも体重無制限の。
 日本の攻撃の優位性である速さを活かして、海外の高いブロックからブロック枚数を
 2枚未満(1枚が不十分、遅れる・間空く等)に削れる局面に限定して殴り合う。
                              (素人の浅知恵ですが)

  トスからアタッカー攻撃までの時間と距離を速さ順で並べると

    攻撃     時間距離
   ミドル     速い  直近のモントレーの試合内容
   バック              〃
   サイド(速い)  ∥   1年目中田監督の言動
   サイド(普通)     海外の高いブロック有利
   2段トス    遅い  海外の高いブロック有利

モントレーでミドルの打数を多めに組み立てる、新人セッター関選手を起用した中田監督の意図はミドル+バックからの攻撃の組み立てを増やせるセッターがオリンピアンの選出条件だと。先輩セッター4名への強烈なメッセージだったのでは。(勝手な推測ですが)

 コートレベルでの関選手の評価は
 「 細かいところはいろいろありますけど、堂々としていますよね。」
 (技術的には改善点はあるけど、ケンカは強そうね。といったところ)
                     久光-東レ決勝戦解説にて (竹下銅セッター談)

 先輩セッターの中で技術+ケンカの強い人が、中田監督のメッセージを受け
 今週から始まるネーションズリーグで、被ブロック数を減らし、相手を倒すトスワークで
 躍動する全日本女子バレーの姿を日本の人々に見せてほしいと思います。
 先輩が出来なければ、ケンカの強い新人セッターがオリンピアンになるのでは。
 

レンタル掲示板
/3116