teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 全日本女子バレー(187)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


岡山て何故

 投稿者:いかなご  投稿日:2018年 4月19日(木)15時22分30秒
  岡山てなぜ外国の選手を取らないのかな エースアタッカーが入ないんだよね
 確実に決めてくれる選手が入るとそれにつられて 周りの選手もそれ以上の力を発揮するかも判らないのにね 宮下て損をしているのでわ
 
 

ジャケリネ:リベロとして代表復帰??

 投稿者:ナイト07  投稿日:2018年 4月19日(木)14時14分21秒
編集済
  JAQUE CARVALHO TO PLAY AS A LIBERO FOR BRAZIL! She is back! The two time Olympic champion has accepted Coach Ze’s invitation to play as libero for the national team this season. Despite her love and passion to play as an outside hitter, Jaque is very much willing to do anything to wear the Brazilian jersey - again!

BRAZILIAN TEAM IN 2018: Coach ZRG has already invited 10 players to begin training for the upcoming 2018 season. He has invited setters Macris & Fabiola, opposite Tandara, middle blockers Thaisa, Carol, Adenizia, Ana Beatriz & Mara, spiker Rosamaria & libero Leia.

MISSING IN ACTION: Fe Garay has decided NOT to play this year to start a family according to a source BUT we may see her at World Championship. As for Natalia, she is currently nursing an injured knee but may join the camp when she is fully healed.

今期エースのopのタンダラが絶好調ですね。昨シーズンヒマラエスさんの魔術師?のような采配で覚醒したようで、ずっと控えとしてMBのガビの影に潜んでいたアデニジアもイタリアプロリーグで大車輪の活躍。恐らく今期で勇退されるのでは?だから長年付き添ってきた選手らも死に物狂い?で世界杯を取りに行こうとしている模様。

PS 代表発表で、だんだん盛り上がってきました、ですね!
 

うーん・・3番手から4番手

 投稿者:daisuke  投稿日:2018年 4月19日(木)13時15分51秒
  こんにちは。

月刊バレーボール5月号(最新号)の中田久美監督のインタビュー記事では、
「セッターについては、昨年は冨永こよみと佐藤美弥で1人前と言う感じだったが、何とか独り立 ちしてくれれば。加えて五輪出場経験のある田代佳奈美を加えて、その五輪経験に期待したい。
 宮下遥に関してはディグ力があり面白い存在ではある。しかし、点数の取れるセッターと言うのが
 何よりも大事な選考ポイントになる」とのコメントがありました。

上記コメントを必ずしも真に受ける必要は無いのかもしれませんが、これでは「宮下は(一応は選んでみたものの)現状の実力では最終メンバーには残しません」と
言っているようなものでは。しかも昨年は殆ど出ていないし、今年も怪我で出遅れている。この状況で「第一セッター安泰」と考えるのは固定ファンだけでは。
唯一他のセッターとの比較でメリットがあるとすれば「五輪経験」かもしれませんが田代が復帰しましたしね・・。別に田代と宮下を揃って今後も残す必要も無いでしょうし。

宮下にとっては「崖っぷち」「土俵際」「正念場」となりそう。選手ファーストであるべきとは思いますが、怪我だの何だのと言っている余裕は最早なさそう。
 

出た!宮下ファン

 投稿者:ナイト07  投稿日:2018年 4月19日(木)11時26分7秒
  ずっと夢を見ていてください。  

宮下は第一セッタ

 投稿者:いかなご  投稿日:2018年 4月19日(木)07時17分11秒
  中田監督の頭の中では宮下はもう決まっている ネーションリーグでは
もう一人のセッターの見極めと経験不足の選手の見極め
 

ボセッテイ重傷

 投稿者:ナイト07  投稿日:2018年 4月19日(木)02時38分59秒
  https://www.youtube.com/watch?v=yp6d1QORxeA

https://www.youtube.com/watch?v=yp6d1QORxeA

 

コシェレバ

 投稿者:ナイト07  投稿日:2018年 4月19日(木)02時25分46秒
  https://www.instagram.com/p/BhHjFvVHcgd/?taken-by=kosheleva11
https://www.instagram.com/p/BhqoI_ZHcbD/?taken-by=kosheleva11

一年はかかると思います。
今年は重傷の怪我続出です。

ブラジルのタイーザも復帰しましたが、体が重たそう。
彼女は体型がアンバランスですのでロンドンの頃みたいには動けないと思います。
ブラジルは早い段階からタイーザとジャケリネらが密かに今年の世界杯に向けてトレーニングが行っていたようです。
優勝していない唯一の大会ですから、ヒマラエスさん最後の大会として勝ちに来ると思います。


https://www.instagram.com/p/BhHjFvVHcgd/?taken-by=kosheleva11

 

世界バレー

 投稿者:情報  投稿日:2018年 4月18日(水)19時05分38秒
  ロシアのコシェレワは、膝の靭帯損傷で4月初めに手術して、世界バレーには出れなそうです
ブラジルのガライは、結婚して子供を持ちたいので、世界バレーは出ないと言ってるそうです
 

それほど推してるわけでも?

 投稿者:ナイト07  投稿日:2018年 4月18日(水)18時42分11秒
編集済
  去年の2人を見た上で、
日立がチャンスあったのにVの決勝でボロクソ
負けた記憶があって、せったところで佐藤が乱れそっからボロボロ~崩れ堕ちた記憶が強く残っていて。

昨年のグランプリ/仙台ではブラジルに公式戦6年ぶりに勝った試合の立役者ですから、内瀬戸とは
信頼関係が抜群にあるとは思います。
後は久光軍団との相性でしょうね!特に岩坂/新鍋両者とのコンビがどうなるのか?

個人的な見解ではありますが富永も佐藤両者は余りにも国際試合の経験値がな/低過ぎて、大事な所のメンタル的な所で不安です。
今年新たに加わったアタッカー陣もやはり一緒に公式戦でやった事のあるセッターがいると心強い様に思います。やはりそれが正に化学反応?(男子サッカーじゃあないですが)
 

トルコリーグ

 投稿者:katsun  投稿日:2018年 4月18日(水)18時26分6秒
  ワクフバンクーエジザシュバシュ ビトゥラ ファイナル1戦
https://www.youtube.com/watch?v=OlwBEwZe0aA


ナイト07さんが田代S推されてますね。私は3人だったら、監督選んだなら全然誰でもいいんですが、ブロックはVリーグでも田代Sが一番上を抜かれてました。ブロックはかなり低いですよ。
セット自体は好きなタイプなので、下げているわけではありません。
 

田代、、は

 投稿者:ナイト07  投稿日:2018年 4月18日(水)15時52分15秒
編集済
  是非客観的に見ていきたいです。
https://www.youtube.com/watch?v=94CF1rE7Jb0
実は、落ち着いて考えてみると次の事がわかります。
1。堀川・黒後と同じチーム。ある程度信頼関係ができている、特に黒後の良さを引き出せる・この点に置いてVで結果を出している
2。皆様お気付きじゃないかもしれませんが、ジュニア・年代別代表の国際経験を積んでいる。
>>島村・高橋沙織/ 井上愛里沙らとU23・2014年アジア大会で戦った事がある。
このような経験の持ち主であれば、使ってみないのももったいないと思う。昨年は迫田・木村引退で、辞退したと聞いておりますが、今年は色んな要素が重なって戻る事にしたのだと思います。
3。オリンピックを経験している。急遽呼ばれある程度控えとして実績を残している。
(宮下は論外)
この板は色んな方がいますが、世界選手権・オリンピックの大舞台の経験は貴重です。
佐藤みは技術面でいいところもありますが、ブロックを含むデイフェンス面とメンタル面が
あまり強くない・国際経験が少ないところが危惧する弱点ではあるかと思います。

富永には是非昨年の経験を生かして、今後伸ばして欲しいと思います。中田さんともかなり絆が築き上げられていますので。
MBを使わない??今期は敢えて監督の指示でウイング重視だったのでは?
その代わり、ブロックとデイフェンスはだいぶよく頑張っていたと思います、、個人的な見方ではありますが?

https://www.youtube.com/watch?v=94CF1rE7Jb0

 

勘弁してよぉ~

 投稿者:桜吹雪  投稿日:2018年 4月18日(水)15時28分38秒
  田代ですか、、、嘘でしょ。
MB一切使わないよ、あの女。
ダメダメ、なんで候補なんか選ぶの?中田よ。
あんた(中田)、現役時にMB中心に使ってた女でしょうよ。
それ位分からないの?
それともバックアタックのトスが田代、上手なの?富永と佐藤に比べて。
それだったら試したいのも分かるけど。
昨年の田中美咲、今年の田代佳代美と東京五輪に向けてセッター候補を削って言ってるのかしら?クンちゃんは。
 

セッター対決

 投稿者:D  投稿日:2018年 4月18日(水)15時08分21秒
  そう、まさかの田代です(汗)

もちろん、個人的に佐藤押しなので、佐藤残ってほしいですし、富永のブロック、サーブ、攻撃も魅力的なので、2017年の二人にぜひネーションズリーグで国際舞台の経験をさらに積んでもらって、怪我なく、残ってほしいところなんですけどねーー。
 

セッター対決って、、、

 投稿者:レッド  投稿日:2018年 4月18日(水)14時11分50秒
  富永と佐藤と、、、、まさかの田代!!?
現在宮下離脱中ですが、この3人の対決なのでしょうか??
 

いよいよ始動

 投稿者:D  投稿日:2018年 4月18日(水)09時32分24秒
  いよいよ動き出しましたね。

監督談話によると、長岡は怪我した部分はもう問題ないということなので、早くてアジア大会、遅くても世界選手権には戻ってくると予想しますが・・・。一番怖いのは、怪我の再発ですので、そこを気にかけて、ネーションズリーグは無理させてないだけと思われますが・・・・。

ただ、世界選手権以降に長岡をライトポジションに入れるとなると、両レフトに相当信頼の置けるレセプションをできるプレイヤーを持ってくる必要がありますよね。逆に言うと、長岡以外のサイドアタッカーは、レセプションと決定力の両方を一番兼ね備えたプレイヤーが、生き残るのではないでしょうか。 実績、Vリーグでの数字などから判断するに、現時点では新鍋、石井、内瀬戸、鍋谷が有望か・・・それに古賀、井上、今村、黒後あたりがどこまで食い込めるか・・。もちろん、これは長岡ありきの考えですが・・・・。

あとは、セッター対決が楽しみです!オリンピック出場組と2017年組で、誰が生き残るのやら♪
 

中国 オールスター戦

 投稿者:ナイト07  投稿日:2018年 4月18日(水)00時15分42秒
  https://www.youtube.com/watch?v=QIGVXxfFlcM&feature=youtu.be
南北で分けられているようです。
以下出場選手
1) 女排
二傳:丁霞(遼寧)、姚迪(天津)
接應:曾春蕾(北京)、錢靜雯(山東)
副攻:袁心玥(八一)、王媛媛(天津)、楊涵玉(山東)、高意(八一)
主攻:劉曉彤(北京)、劉晏含(八一)、李盈瑩(天津)、段放(遼寧)
自由人:宮美子(遼寧)、王夢潔(山東)

< 南方明星隊 >
1) 女排
二傳:米楊(上海)、刁琳宇(江蘇)
接應:張磊(上海)、龔翔宇(江蘇)
副攻:楊舟(浙江)、鄭益昕(福建)、張曉雅(四川)、馬蘊雯(上海)
主攻:#金軟景(Kim Yoen-Koung)(上海)、張軼嬋(上海)、李靜(浙江)、劉夢雅(雲南)
自由人:陳展(江蘇)、林莉(福建)

https://www.youtube.com/watch?v=QIGVXxfFlcM&feature=youtu.be

 

長岡が使えないと言うことは・・・

 投稿者:にんじん  投稿日:2018年 4月18日(水)00時12分11秒
編集済
  中田監督も言っているように東京五輪を見据えると今年の戦いは全日本にとって本当に大切な一年
ネーションズリーグで長岡が使えないと言うことなると世界バレーも無理だろうし、東京五輪でも使えない可能性が出てきた
長岡がいるといないとではバレーのシステムが大きく変わってくる
長岡がいればオポジット(ライト)に入りバックアタックも増えるが、いないとなればやはり新鍋がライトに入る可能性が高くなる
堀川もいるが、個人的に考えてどう考えても長岡の代わりになる能力はないと思われる
新鍋ライト体制だとシステム的にバックアタックの少ない守備的な戦い方にならざるを得ない
これでは結局、去年の全日本の焼き回しで戦うと言う希望の持てない全日本チームなってしまう
若手を起爆剤にと言っても、良くて若手も石井、鍋谷クラスになるのがやっとだろう
長岡が完全でない今、考えれば考えるほど手詰まり感のある中田ジャパンと言う気がしてならない
 

後…

 投稿者:えつ  投稿日:2018年 4月17日(火)23時49分18秒
  少し気になったのは、会見などで中田監督が世界選手権に向けてメダルを目指すと言われたり、中田監督自身がかなりのプレッシャーを感じています、と発言されていますよね。
それは立場上として仕方無い事だとは思います。

ただ気になった事とは、ロンドンオリンピックのアジア最終予選前に、眞鍋監督が選手達にロンドンでの目標は金メダルだと伝えたところ、それを選手達が逆にプレッシャーに感じてしまい、ご存じの通り実力を発揮できずに、ようやくドミニカ共和国とのセット率の差で出場権を獲得したと言う話しです。
今回は五輪まで全て自国開催です。
選手達が自国の大声援を逆にプレッシャーに感じ無いようにしてもらえればと思いますね。

 

メンバー出ましたか

 投稿者:katsun  投稿日:2018年 4月17日(火)23時23分23秒
編集済
  FIVBは6週前に、18人登録だったように思います。もう4週前になっています。少し変わったのかな。

荒木選手はお休みでしょう。
長岡選手は、5月オペだったみたいなので、5月で1年。見た感じですが、まだ体ができてません。左大腿はかなり萎縮していると思いますので、少し体を大きくして、1年後には絞っていないといけない。体は腱や靭帯も生き物なので、少しずつストレスをかけないともういけない時期です。これは堀川選手がいけるという判断だと思います。長岡選手はもう後がない時期に来ています。休めば休むほど劣化していく時期になります。黒鷲旗やアジア大会の最初の試合で調整しないと苦しくなるのではないでしょうか。完全に戻ってなくて落選でしょう。
鍋谷・松本選手は怪我後の調整だと思います。
野本選手が落選で、高橋選手が選ばれたのはバックスパイクのライトもできることでしょうか。高橋選手も迫田さんぐらいできる能力はもっている。センターやライトからもバックスパイクが欲しいんではないかと思います。
長岡・野本・宮下選手は今期は出番ないかも知れないですね。それがどういうことになるかは、世界選手権出ないなら苦しくなるでしょう。それでも私は宮部さんはまだあると思います。個人の勝手な考えですが、彼女以外に世界の高さに、真向勝負できる選手はまだいない。
戸江Lは選ばれると思ってました。レセプションの形が良くなっているし、上手くなって欲しいと思っています。

若手を試す機会は言葉だけで、本気の起用とみえますが、荒木選手だけでしょう、お休みは。
 

ネーションズリーグ

 投稿者:えつ  投稿日:2018年 4月17日(火)23時22分50秒
  BS-TBSで男女ともに放送予定ですね。
詳しくはBS-TBSのホームページをご確認下さい。

日本ラウンドの三連戦と、タイラウンドのタイ戦が生中継です。
それ以外はダイジェストのようですね。

今回は若手と世界戦の経験の少ない選手が主体ですが、対戦相手はどこもかなりの強豪国ですね。
例年のワールドグランプリと同じ考え方であれば、他国もフルメンバーでの全試合出場はまずありません。
ましてや、その後に世界選手権が控えていますので、手の内を100%出すような戦い方はしないはずです。

ただ去年の全日本は予選ラウンドで敗退をしています。
毎回若手が主体だったとしても、オリンピックイヤーを除いての予選ラウンド敗退は無いはずです。
世界ランキング6位でもある日本は、少なくともファイナルラウンドには進んでおかなければ、世界選手権への期待が薄らぎます。

去年大林素子さんが中田監督の言葉として、「世界選手権までには主要な選手を決めなければ、東京五輪には間に合わない。」と言われていました。
そして「もし世界選手権が駄目であれば、相当な選手の入れ替えもあり得る。」とも言われていました。
まだ始まってもいない全日本ですが、今年の結果がどうでるか?
それが東京五輪に向けての、中田監督の手腕が試されるところですね。


 

レンタル掲示板
/2711